結婚する前は食物を大いにしていなかったボクは、成婚を通して継母との同居を機に継母から食物を学ぶことになりました。総じて何も作れなかったボクは、一人でも焼き上げるように継母の食物の素行を集大成備忘録に取りました。継母の食物の基本は冷蔵庫におけるものを使って調理するため、和食中心です。煮物やつくだ煮など「ゆでる」ことが多いので私も煮物の基本的な認知を継母から教えてもらい、父親から美味いと言われるくらい自分でも焼き上げるようになりました。自負食物は肉じゃがだ。味付けは継母を受け継ぎいくぶん濃いめではありますが、引き取り手からは何とも高評価だ。食物は香味料などとっくり量って入れないといけないと考えていたので本当に無茶に思っていましたが、継母が目分量で作っているのを見て、私も目分量もおいしく焼けるようになりました。魚も触ったことがなっかたですが、三枚におろしたり下処理をしたり出来るようになり魚もおいしく食べられるようになりました。魚食物でボクが得意で引き取り手に好評なのはさんまの南蛮漬けだ。南蛮漬けを家で探る使命がなかったですが今では自負食物の一つになりました。おすすめはこちら!